化粧品を機内に持ち込む際の注意点

コスメのパートナー

旅行時に化粧品を機内に持ち込む際の注意点

化粧品を機内に持ち込む際の注意点 旅行時、航空機内に化粧品を持ち込む際には注意しなければいけない点がいくつかあります。最近はテロ等防止のため、ペットボトルなど液体の持ち込みに制限がかかるようになりました。見落としがちなのは、乳液状のもの、クリーム状やペースト状のものです。多くの航空会社ではこれらのものも液体とみなされ、搭乗前の保安検査場でそのようなものを所持しているとただちに放棄させられます。国際線の保安検査場に設置されたゴミ箱には、ペットボトルだけでなく、シャンプー、ボディローション、ハンドクリーム、ヘアワックス、ハミガキ粉などもたくさん捨てられています。
しかし、機内は大変乾燥するので長時間のフライトになる場合は乳液やクリームなどの保湿用品がほしくなりますし、航空機を降りる直前にメイクをするために化粧品も必要です。
一般的には、液体を機内に持ち込むためには100ml以下の容器に入れ、縦20㎝以下×横20㎝以下のジッパー付透明プラスチック袋にきちんと収まっていなければいけませんが、航空会社や、渡航先によって微妙に変わってくることがありますので、各航空会社など公式なところにしっかりを確認することをおすすめします。

化粧品をスーツケースに入れて預ける際の注意点

化粧品をスーツケースに入れて預ける際の注意点 海外旅行に行くときにも普段使っている化粧品を持っていくと思いますが、スーツケースに入れた化粧品を預ける時には注意点があります。
飛行機に乗る時には気圧の変化が原因で破裂する可能性がありますのでスプレーなどを持ち込む時には透明のチャックのついている袋の中に入れて完全密閉をするようにしてください。こうすれば万が一破裂したとしても周囲にもれずに済みます。
瓶に入った化粧品を持ち込む場合には割れる可能性もあります。ですので瓶を持ち込まずプラスチックケースに詰め替えるか、それができない場合は洋服の間に入れるようにしてください。そうすれば服が緩衝材の役割をしてくれます、それでも万が一の時のために気密性のある袋の中に入れておくといいでしょう。
くれぐれも瓶と瓶が干渉しあわないように離して入れるようにしてください。
化粧品は液体の場合は内持ち込みには制限があり、それに合わないものは破棄しなければいけない場合もあるので注意してください。

Copyright (C) 2017 コスメのパートナー. All Rights Reserved.